So-net無料ブログ作成
検索選択

おばあちゃん! [家族]

3464632


実家の佐賀から家に着いたのは夜の8時くらい。

帰り着いて荷物を片付けていたら、じいちゃんがひとこと。

「ひばさん、今日、どうも転んだみたいだな。」

[がく~(落胆した顔)]


寝ている99歳のおばあちゃんのところへ行ってみる。


コケズキ 「おばあちゃん、ただいまー。身体、大丈夫?」


ひば   「ああ、今朝変な転びかたしてねえ・・・大丈夫大丈夫。」

コケズキ 「なんか、手伝ってほしいことない?」

ひば   「ないない。おやすみ~」って・・・・



翌朝6時ごろ、おばあちゃんのうめき声。


コケズキ 「おばあちゃん、大丈夫?どこが痛い?」

ひば   「ここが痛うて痛うてかなわん。」と、右足の付け根を指す。


コケズキ 「おばあちゃん、骨折してるかもしれんから、病院行こう!」

ひば   「いや!あたしは、病院嫌い。折れちゅらせん。」と、我を張るおばあちゃん。

とりあえず、下着を替えようと、お手伝いしてくても、

ちょっと動かしたら、「イタタタター[どんっ(衝撃)][たらーっ(汗)]」と、叫びまくるおばあちゃん。

あんまり叫ばれると、まるで虐待してるみたいな気分になってきて、

こっちもつらい[あせあせ(飛び散る汗)]

だんなもお仕事休んでもらって、二人がかりで着替えのお手伝い。

だんなは骨折を人生で5回も経験している人なので、

おばあちゃんの痛みを想像できる分、介助もゆっくりそ~っと、親切でした[わーい(嬉しい顔)]

布団も干して、シーツもかえて・・・


近くの総合病院に行って、無理を言って車椅子を借りてきた。

介護タクシーを予約して・・・

「おばあちゃん、もう予約したから。」と、だんなと二人、問答無用で車椅子の移乗をすると、

むっとした表情で、いかにも病院行きは不本意だと主張するおばあちゃん。




事前に予約したからか、あまり待たずに受診することができました。

Dr. 「痛いところはどこですか?」

ばあ 「ここです。」 「ここは痛いけど、その他はどこも悪くありません。元気です!」

Dr. 「そうみたいですね」 と、にっこり(^^;)


明治生まれのおばあちゃんは、とっても気丈です。

本当はとっても痛くて不安なはずなのに。

すごいなーと、思うのですよ。

レントゲンとって、大腿骨頸部骨折が判明。


「おばあちゃん、骨が折れとったから、入院して手術だって。」

「えー?折れちゅったっかねー!?そうかねー。まあ、コケズキちゃん、あんたに感謝せんといかんねえ~。あんたが強引に連れてきてくれんかったら、ずうっとわからんまま、痛かったねー。」

と、感謝してくれました[たらーっ(汗)][ぴかぴか(新しい)]

99歳で、手術。

大変だけど、おばあちゃんならきっと耐え抜いて、

リハビリもがんばって、きっとまた、立てるようになると信じてます!!


毎日おばあちゃんが愛する曾孫の魚太郎、花子、魚次郎を連れて見舞いに行くからね。

DSCN3547.jpg


魚次郎なんか、やつあたりしておばあちゃんをたたく事もあったのに

それでも、いつも、かわいいかわいいって、見守っててくれるおばあちゃん。

今は、ただ、祈るのみ。




nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。