So-net無料ブログ作成

病院三昧 [家族]

3464633


明日おばあちゃんの手術!という日の夜。

魚太郎が「頭が割れるように痛い[あせあせ(飛び散る汗)]」って、[がく~(落胆した顔)]

熱を測ったら38.7℃[がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)]

とりあえず、痛み止めを飲んで様子見てみぃ~と、眠らせる。

夜中1時半、魚太郎が「お腹が痛い~」とトイレに起きた。

夜中にうんこ?


でも、再び眠れたらしく、


また、3時半ごろ、「お腹が痛いよ~。痛いよ~。」と、半泣きの声[がく~(落胆した顔)]

心配になって「大丈夫?」って声かけても返事なし。

・・・・うなされながらも、眠ってる・・・・・(^^;)


じゃあ、まあ、大丈夫かな?と朝までおやすみ~。



朝、熱、40.2度[exclamation][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)][がく~(落胆した顔)]


ばあちゃんの手術の朝。

とりあえず、魚太郎を行きつけの病院に、ダーリンが連れて行ってくれて、


私は花子と魚次郎を連れて手術前のばあちゃんのところへ。

心細かったのか、私や花子、魚次郎の顔を見て、ばあちゃん心から嬉しそうな顔をした。

「来てくれたかね~[黒ハート]」と、花子と手をつないで喜んでる。


手術室に入るばあちゃんを見送りし、

それから魚太郎のもとへGO[車(RV)][ダッシュ(走り出すさま)]


着いたら魚太郎は点滴中~。

私とダーリンと交代して、ダーリンは魚次郎と共に家に帰った。


インフルエンザじゃないって。

お腹が痛いのが気になるので~・・・・


と、紹介状を下さって、市民病院へGO[車(RV)][ダッシュ(走り出すさま)]

移動中、でこぼこ道で、おなかを押さえてうなる魚太郎[たらーっ(汗)]


[病院]

到着。

すぐに検査   血液検査、腹部CT 

入院決定~[がく~(落胆した顔)] 4日間。

診断 急性腸炎 

治療方針  抗生物質の点滴  絶食して腸の安静


心細そうに弱弱しくベッドに横たわる魚太郎。



で、翌朝。


「腹減った~」 「なんか食いて~」 の連発。






「お母さん、暇~、野球してぇ~」「ね、グローブとボール持ってきて!」

「何をいうか、ばかちんが!」[パンチ]と一喝する私に

「冗談だよ冗談」(^^)って。 ほんまか~?



まあ、治って良かった[黒ハート]

ばあちゃんの手術も無事に終わって、良かった[わーい(嬉しい顔)]



ばあちゃんの手術と魚太郎の入院でどたばたの数日間でした。

魚太郎の入院中、毎日ご飯作りに帰る度、

魚次郎の強力な「まま、抱っこ攻撃」の連射!



魚次郎にも寂しい思いさせてごめんね~[あせあせ(飛び散る汗)]

そんなこんなの日々をすごしてたら、なんとコケズキ発熱38.7℃


現実逃避の熱だったのかしら~と、ちょっと罪悪感を感じながらも、

甘んじて、丸一日間、しっかり寝させていただきました[わーい(嬉しい顔)]


ばあちゃんのお見舞い
魚太郎の付き添い
そして、自分の受診って、まさに病院三昧でした。 (^^;)ははは。   





nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。