So-net無料ブログ作成
検索選択

パニックに寄り添うこと・・・ [発達障がいと向き合って、楽しく生きる]

DSC_0044.jpg
(因島フラワーパークにて撮影

魚次郎くん、ひかり園に喜んで通っています。

夕方4時25分にバス停でお迎え[黒ハート]

いつも笑顔で「お母さん[揺れるハート]」と言って笑顔で降りてきてくれる[わーい(嬉しい顔)]

今日も同じように、降りたけど、つないだ手を振り払って、走り出そうとする魚次郎。
バス停周辺は、危ないから、必ず手をつなぐように!と、園からの御達し

「しまった!やばい!!」と母、魚次郎の手をガシッとつかんで、すぐさま抱っこ。

走り去る園バスに、「ばいば~い」と、手を振りました。


・・・・・・


・・・・・


・・・


うぎゃ~[どんっ(衝撃)]、「ぼくが自分でバイバイしたかった~[むかっ(怒り)][ちっ(怒った顔)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]

と、魚次郎のパニック開始。

あ~やれやれ、始まった[ふらふら][たらーっ(汗)]というのが、最初の母の感情[あせあせ(飛び散る汗)]

第一声は「魚ちゃんは、魚ちゃんでバイバイしたじゃん。上手にバイバイしてたよ。お母さんも先生にちゃんとバイバイせんといけんの!だから、お母さんもバイバイするんよ。」と、説明・・・・

今思えば、パニクッてる魚次郎に、そんな言葉が届くはずもなく[あせあせ(飛び散る汗)]

「じぶんで、バイバイしたかったー。お母さんバイバイしたらいけん!」と、

繰り返して泣き叫ぶばかり[たらーっ(汗)]

通りすがりのおばさんたちが、じろじろみたり、どうしたの~?と声かけてきたり[あせあせ(飛び散る汗)]

歩くことも出来ず、うずくまる魚次郎
魚次郎石拾う.jpg


石を拾って、私に投げつけたい衝動と闘っているところ
魚次郎石持ってる.jpg


写真の後、私に向かって投げるそぶりはしたけれど、

「お母さん石投げられたら痛いから嫌です!」って大声で言ったら、

結局私に向けては投げなかった。

上手に、車も、人もよけて、怒りを吐き出すように投げました[あせあせ(飛び散る汗)](ホッ[たらーっ(汗)]
(パニック中も、ちょっとは配慮できる頭が残ってるんじゃんか!と、妙に感心した母でした[わーい(嬉しい顔)]


まだまだ泣き叫ぶばかり。

車に乗って帰る道も、ず~っと「自分でバイバイしたかった~」・・・・・

上手にしてたよ!といくら言っても、

自分が描いていたようにできなかった思いはぬぐえないみたい[ふらふら]

そうか!まず気持ちを受け止めて、寄り添わなくちゃ!!

「自分で、バイバイしたかったんよねー。ごめんね~。お母さんもバイバイしたらイヤだったんねぇ。」

少しだけ気持ちは治まるも、やっぱりぐずぐず繰り返し・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

[ひらめき]そうだ[ひらめき]

朝、出かけに、「おもちゃやさんに行きたい」と言ってたので、
「ひかり園から帰ったら行こうね」と約束していたことを思い出し、
100円ショップのおもちゃコーナーに連れて行きました。
囚われていた心が、おもちゃのほうへ解放されて、
笑顔が戻った魚次郎。

あ~、やっと気持ちが切り替わって良かった[たらーっ(汗)]

気に入ったおもちゃをひとつ買って嬉しくなった魚次郎。

車に乗り込んですぐ

「お母さん、ごめんね」

????

「ずっと泣いて怒ってたから?」と聞くと、

「うん」と、うなづいた・・・・・・・[もうやだ~(悲しい顔)]


「謝らんでもいいんよ。魚次郎も、悲しくて、悔しくて、つらかったんよねー。だから、泣いたんよねー。
でも、謝ってくれて、ありがとうね。お母さん、魚ちゃん大好きよ。知ってる?」って言ったら、

笑顔で「うん。知ってる。」って[わーい(嬉しい顔)]



正直、今回魚次郎が謝ったことに驚きました。

謝ったと言うことは、怒りと悲しみの感情に振り回されながらも、

そんな自分のをいやだな~と、感じていたのかな?

お母さんを困らせてるなあ~と、頭の半分で思っていたのかな??

感情をコントロールできない魚次郎もつらいんだなあと改めて感じた一件でした



それから、魚次郎のパニックに対する私のリアクションの悪さに反省[あせあせ(飛び散る汗)]

湧き上がる癇癪に振り回されている魚次郎に、どんな説明も効果があるはずがなし!

魚次郎の言うことを、同じように口に出して同意しなくちゃねー。

で、気持ちが治まってから、常識とか、モラルとか、倫理とか、状況の説明をしてこそ、
やっと彼の心に届くんだもんね~[ふらふら]

で、思ったんだけど、実際夫婦でも、

妻「忙しい忙しいって、子どものことも家の事もほったらかしじゃない[あせあせ(飛び散る汗)]
夫「仕事が忙しいんだよ。仕方ないだろう。」


では、お互いの気持ちが治まらないけれど、


妻「忙しい忙しいって、子どものことも家の事もほったらかしじゃない[あせあせ(飛び散る汗)]
夫「だよなぁ、お前ばっかり家の仕事して子どもの面倒見て、大変だよなあ~。」

と、言うと
妻「あなたも、仕事で忙しいから仕方ないのよね・・」[黒ハート]

と、いう風にうまくいったりするわけで・・・・

やっぱり、感情が一度吐き出されなければ、客観的な物の捉え方はできないかなあと思うわけです。



障がいあるなしにかかわらず、人間関係は、お互いに、理解してもらえること、これに尽きるんじゃないかな~[かわいい]




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。