So-net無料ブログ作成
検索選択

滑舌の問題??? [発達障がいと向き合って、楽しく生きる]

DSC_0016.jpg


夕方、おばあちゃんがデイサービスから戻ってきて、

私が晩ご飯の準備をする間、

おばあちゃんがよく魚次郎の相手をしてくれます。


昨日は、家族の名前を魚次郎に教えてました。


「あなたは誰ですか?」

「コケズキ魚次郎です。」

「はい♪ よくできました~」「お年はいくつですか?」

「3才・・・」

「はい♪。よくできました~。そうねえ、3才ねえ~」


お父さんのお名前は?」

「????」

「あなたのお父さんのお名前は、コケズキ〇〇すけです。言うてごらん」
「コケズキ〇〇すけ」

「そうそう!おりこうさんねー」と拍手喝采[ぴかぴか(新しい)]

「おにいちゃんは?」
「コケズキ魚太郎」

「そうです。魚太郎です。」「お姉ちゃんは?」
「コケズキ花子」

「そうですそうです。花子ちゃんです。お利口さんねー、じゃ、お母さんのお名前は?」

「?????」

「コケズキきよみ、言うてごらん」

「コケズキきーもーい

[がく~(落胆した顔)]・・・そんな間違い方って・・・[たらーっ(汗)]と、料理の手が止まる私・・・


なのに、おばあちゃん

「そうです、そうです。うおちゃんは、お利口さんですねー」と、拍手喝采、大喜び[ぴかぴか(新しい)]


[ふらふら]そうだ、ばあちゃん、耳遠かったよな。  ははは(^^;)



晩ご飯の後、「お母さんの名前はコケズキきよみです。キモイじゃなくて、きよみ!!」
と、繰り返して教えたことは言うまでもありまへん。 




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。