So-net無料ブログ作成

え、そこ??? [発達障がいと向き合って、楽しく生きる]

DSCN4682.jpg


花子がテーブルの向かいで、楽譜を広げ、
リコーダーの宿題に励んでいました。

私は、今晩栗ご飯を作ろうと、
生栗に格闘しつつ、
どうにか鬼皮、渋皮をむきむき


そんなところへ、魚次郎がやってきた。

私の背中に回り込み、後ろから抱きついてくる。

普段ならね、うれしいことなんだけど[あせあせ(飛び散る汗)]

お母ちゃんは、ただいま栗と格闘中!
手には栗の皮むき用のシャープなナイフを持っている[どんっ(衝撃)]

その時、実はすでに、左手3か所切ってた[ふらふら]

「魚!危ないから降りて!お願い!
お母さん、今、ナイフ持ってるからさ。魚がよっかかると、手がつるっと滑って、
反対のおててをスパッと切って、血が出るやん。」

と、お願いしても、すぐには降りてくれない・・・


そしたらすかさず花子が!

「魚次郎、お母さん、栗のナイフ持ってるでしょう!
魚次郎がお母さんに乗ったら、お母さんの手が滑って、反対の手をスパッと切って、
血がどばっと出て、
私の楽譜に血がついたらどうするんよ!![むかっ(怒り)]





・・・・・・・[たらーっ(汗)]



思わず、作業していた私の手も止まる・・・・


「花ちゃん、そこ?ねえ、そこですか???」[もうやだ~(悲しい顔)]


と、聞かれると、ちょっと状況を考えることができる花子。

苦笑いしてー、

「お母さんの手が切れたらダメだけど、私の楽譜に血がつくのもダメ。」

とっても正直な花子でした[わーい(嬉しい顔)]




nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。