So-net無料ブログ作成

ひかり園で親子療育の日 [発達障がいと向き合って、楽しく生きる]

DSC_0011.jpg


1月12日 ひかり園で親子療育の日でした。
保護者がひとりもしくは二人だけ、療育に参加して、
日頃の子供たちの様子を見たり、
先生とお話ししながら、親も療育について学ぶ日というのでしょうか??

朝、9時半に登園[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]

しばらくは自由遊び[わーい(嬉しい顔)]

魚次郎は、ひとりで遊んだり、
憧れの年長さんたちに近づいて模倣して遊んでみたり(^^)

10時過ぎからお片付け~の声がかかり、
10時15分には設定療育の開始

今日は、新聞遊び~[かわいい]

棚の上には45リットル用のビニール袋一杯の新聞のちぎったやつが4袋分[目]

それをぜ~んぶ床にまき散らす[手(グー)]

そりゃあ~、わくわくするよね[ハートたち(複数ハート)]
家でやられたら困るけど・・・(^^;)

DSCN5162.jpg


ちぎれた新聞を集めて拾って、投げて遊んだり[るんるん]

そうしていたら、鬼登場[どんっ(衝撃)]

これがまた、プリンスK先生演ずる可愛い鬼さんでしたが、
それでも近づくと怖がる子供たち[わーい(嬉しい顔)]

新聞を豆代わりに、「鬼は~外!」と投げつけました[るんるん]

で、お約束通りやっつけられた鬼さんと、追い打ちをかける子供たち(^^;)容赦ねえ[たらーっ(汗)]

DSCN5168.jpg


そして私が最も感心したのはこれ[ひらめき]

お片付けどうすんだよ~と思っていたら、

先生が「はたらく車」の歌を流し~[るんるん]

子どもたちにちりとりを持たせて、ブルドーザーのまねっこしながらお片付けしたのでした[わーい(嬉しい顔)]

DSCN5171.jpg


すばらしい[ぴかぴか(新しい)]

で、きれいになった教室を見ながら、みんなを褒めまくり[るんるん][るんるん]

楽しくて、達成感も味わえて[黒ハート]

療育最高[手(チョキ)]




そして数日後

DSCN5184.jpg


台所があっという間に・・・・
まあ、想定内の事よね(^^;)

DSCN5185.jpg


飛ばして喜ぶ魚次郎

DSCN5189.jpg


「犯人・・・」などと、高度な(?)ギャグはまだ言いません。 へへへ。
カメラがうれしゅーて、寄って来ただけ(^^)

DSCN5196.jpg


あ~、この新聞、どうすんだよー[あせあせ(飛び散る汗)]
誰が片づけるんだよ~[あせあせ(飛び散る汗)]

でもまあ、こんなに嬉しそうな顔してるから、いいか(^^;)

[ひらめき]そうだ![ひらめき]
はたらく車のブルドーザーだ!![手(グー)]

と、ちりとりを持ってきたけれど・・・・

結局はたらく車になったのは、私で、魚次郎は現場監督の役でした・・・[たらーっ(汗)]
はい。  見るだけ[目]

園と、家庭と、同じようにうまくはいかないわな[あせあせ(飛び散る汗)]









くりくり坊主と母の失敗 [発達障がいと向き合って、楽しく生きる]

DSC_0012.jpg


母は、魚次郎がお兄ちゃんに憧れて、
自分から坊主にすると宣言したことがすごく嬉しかったのでした。

で、翌日、魚太郎の野球のグランドで・・・・

「魚次郎が、兄ちゃんの坊主を真似したくて、『オレもぜ~んぶ切る!』って言って、
昨日ふたりとも坊主にしたんです~♪」と、おしゃべり[わーい(嬉しい顔)]


お昼に一度帰り、魚次郎を連れて再び登場!

魚次郎は寒いので、帽子を着用[黒ハート]

話を聞いてた野球のママたちが、「ほんとに坊主にしたの~?[揺れるハート]寒いのに~[あせあせ(飛び散る汗)]」なんて、注目してくれたので、

わくわく気分の私は、魚次郎の意思も確認せずに

じゃじゃじゃじゃ~ん[ぴかぴか(新しい)]などと言いながら、

魚次郎の帽子をぱっと、取っちゃいました[わーい(嬉しい顔)]

「きゃあ~、かわいい~[ハートたち(複数ハート)]」と、褒めてくれるママたちの声が響く[黒ハート]

つぎの瞬間・・・・

かすかに聞こえる、つぶやく魚次郎の声・・・・・・・

「お母さんが帽子取ったらいけんかった。」[むかっ(怒り)]

「お母さんが帽子取ったらいけんかった。」[むかっ(怒り)][むかっ(怒り)]

「お母さんが帽子取ったらいけんかったー。」[むかっ(怒り)][むかっ(怒り)][むかっ(怒り)]

「お母さんが帽子取ったらいけんかったあ~。」[むかっ(怒り)][むかっ(怒り)][むかっ(怒り)][むかっ(怒り)]

[パンチ][がく~(落胆した顔)][パンチ][パンチ][足][パンチ][足][足][パンチ][足]

そうです。パンチとキックの嵐・・・・[もうやだ~(悲しい顔)]


最初はね、療育を心得ている私ですから、

魚次郎の視線に合わせてしゃがんで、

叩かれながらも、

「ごめんね。お母さんが取ったらいけんかったね。嫌だったね。」
と、魚次郎の気持ちを代弁・・・・

でも、パニック中の魚次郎には聞こえず、届かず、
来るわ来るわのパンチとキックの嵐 & 魚太郎の雄叫び

「お母さんが取ったらいけんかったああああああ。
お母さんなんか、大っ嫌い![むかっ(怒り)]

痛くて、イライラしてしまう私
療育の心得はどこかへGO[ダッシュ(走り出すさま)]忍耐もどこかへGO[ダッシュ(走り出すさま)][たらーっ(汗)]

もう!叩いたら、お母さんだって、痛いんよ[むかっ(怒り)] 叩かないでください[手(グー)]
と、言う私の右手がげんこつ威嚇のポーズ[あせあせ(飛び散る汗)]

ドン引きする周りのお母さんたち[犬][犬][犬][犬][犬][犬]

そりゃそうだよね。

なので、とりあえず、魚次郎を肩に担いでちょっと離れたところへGO[ダッシュ(走り出すさま)]

謝っても、届かない。

叩かれる。謝る。逃げる。
蹴られる。謝る。逃げる。
のくりかえし[もうやだ~(悲しい顔)]

ただただ魚次郎の気持ちが落ち着くのを祈るばかり[たらーっ(汗)]

数分後、

「俺一人で帰る!」と言い放ち

魚次郎が駐車場の方へ去って行ってしまいました。

一本道だし・・・

ひとりになる時間も必要かな?と、半分納得、半分言いわけで、
そのまま放っておいた私。

20分ほどして、また、ひとりてくてく帰ってまいりました[わーい(嬉しい顔)]

あ、帰ってきた[グッド(上向き矢印)][ぴかぴか(新しい)][わーい(嬉しい顔)]

地面に片膝をつき、両手を広げて魚次郎を迎える私。

おかあさ~んと、走ってくるかと思いきや、

「おかあさん、ふ~ンだ[ダッシュ(走り出すさま)]」と、まだご立腹のご様子(^^;)

でも、そこでランニングに行ってたお兄ちゃんたち総勢25名ほどが、一斉に帰ってきたので、

ビビった魚次郎は無事母の胸にダッシュ[ダッシュ(走り出すさま)]

一件落着、わはははは。

こんなパニックの魚次郎を目の当たりにしても、
それでも避けずに、魚次郎に声をかけてくれる野球の母さんらに感謝~[かわいい][ぴかぴか(新しい)]



今回の学び

魚次郎の確認なしに帽子をはぎ取るなんざ、めっそうもねえこって。 コワイコワイ[あせあせ(飛び散る汗)]

やっぱり、本人の意思を尊重しなくちゃね。大失敗の巻きでした[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

ごめんね、魚次郎。



メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。