So-net無料ブログ作成

ひかり園の卒園式 [発達障がいと向き合って、楽しく生きる]

DSC_0010.jpg


DSCN0038.jpg


3月24日はひかり園の卒園式でした。
魚次郎は年少だけれど、在園児として出席
こうして来年、再来年への見通しを立てていくんだね(^^)

子どもたちの成長を想い・・涙[たらーっ(汗)]
これからの人生を想い・・・期待と不安でまた涙[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

最後は在園児とママたちが作ってきた紙ふぶきの嵐の中、
卒園時とママたちが歩いて通り、
そしてみんなで紙ふぶきを拾っては投げて、拾っては投げて、
それぞれが、いろんな想いを胸に、舞い落ちる紙ふぶきを見つめました。

DSCN0039.jpg


終了してそろそろクラスに戻る中、紙ふぶきが楽しくて、楽しくて、
最後まで遊んでる組の魚次郎(^^;)

DSCN0041.jpg


クラスに戻って修了式

DSCN0043.jpg


先生にがんばったで賞の賞状をいただきました。

DSCN0045.jpg


先生方、こんな、素敵な賞状も作ってくださって、感謝です~[ぴかぴか(新しい)]


卒園式で、みんなで「夢若葉」という歌を歌いました。
先生が絵付きの歌詞カードを持ってくださって、
おかげで、みんなで歌えました。

私は初めて聴いた曲。

涙が出て出て、止まりませんでした。


小さな小さな森の中  やすらかなこもれび一つ
小さな小さな森の中  やすらかなこもれび一つ

小さな小さな夢の種  大地の栄養吸い込んで
小さな小さな夢の芽が ほっこりにっこり顔出した

 ※ ぼくらは生まれて よかったよ    ぼくらを産んでくれて ありがとう ※


小さな小さな夢の芽は あくびをしたりのびしたり
小さな小さな夢の木に グングンドンドン伸びてきた

小さな小さな夢の木は 楽しい小枝が増えてきて
小さな小さな夢若葉  あっちでこっちでうたってる
 ※ くりかえす


小さな小さな夢若葉  おひさま浴びて雨浴びて
小さな小さな夢若葉  しっかりがっちり立っている

小さな小さな夢若葉  どんな花を咲かすのか
小さな小さな夢若葉  それはぼくらが決めてゆく
 ※ くりかえす

   わかばは生まれて よかったよ    わかばを産んでくれて ありがとう


この♪ぼくらは生まれて よかったよ ぼくらを産んでくれて ありがとう♪ というフレーズを聞いた時、
涙がど~[たらーっ(汗)][たらーっ(汗)][たらーっ(汗)]

ほっとした感情がありました。
言葉にして言ってもらって、安心したというか・・・

私は講演した時も、いつも、
「どの子も、人生に役割があり、どの子も必要とされて生まれてきたんだ。」
というようなことを口にしたり、その思いを別の言葉で話したりしてきました。

それは自分に言い聞かせていたこともあるのかも・・・

事実、障がいがある我が子を育てることで、私の人生はより深く、豊かになった。
ママたちのつながりが、より深く強いものになれた。

そう思う反面、
社会の支援なしで、花子がひとりで生きていくのは難しいことで・・・
親が死んだあと、この子はどうなるんだろうとか・・・
いじめや偏見もある社会で生きて、たくさん辛い思いをするだろうとか・・・・

心のどこかで、障がいがある我が子に産んだことを
ごめんなさいと思う自分がいたことに気づかされました。

でも、この感情は、やっぱりマチガッテル。


心に沁みる歌でした。

そうだよね。

魚太郎も、花子も、魚次郎も、自分の夢は、自分で決めていく。

お母さんは、君たちが、君たちのまんま生まれてきてくれたこと、
本当に幸せに思っています。

そして、君たちも、君たちのありのままで、しあわせに生きていけますように。

母は、環境を整えていく努力をしなくちゃね[わーい(嬉しい顔)]


ちなみに、夢わかばのメロディーは
http://www.utagoekissa.com/utagoe.php?title=yumewakaba
で、聴くことができますよ(^^)





nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。